×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

前立腺がん を学ぶサイト 50歳以上の男性は要注意の 前立腺がん の情報を提供します

前立腺がん を学ぶサイト

前立腺がんの情報を提供します

  

前立腺癌(ぜんりつせんがん)は、前立腺に発生する病気で癌の一つ。様々な組織型の悪性腫瘍が生じうるが、殆どは腺癌であり、通常は前立腺癌≒前立腺腺癌の意味で用いられる。日本では癌死亡者の約3.5%を占める。近年は増加傾向。最近では今上天皇明仁もこの病気になった。45歳以下での罹患はまれで、50歳以降によく発病、その割合は年を追うごとに増加する。欧米では非常にポピュラーな癌で、男性死亡者の約20%でトップを占める。日本と海外の患者割合の差は、食生活の違いにあるとされている。


前立腺がん(治療)

治療については、男性ホルモン(アンドロゲン)の作用を減らす事によるホルモン療法、外科手術による除去、放射線療法、化学療法などがあり、状態によって最適な治療法がとられる。グリーソン分類などによる病理学的異型度が低く、血清中の前立腺特異抗原 の値が低く、他の臓器への転移が認められない場合は、外科手術(根治的前立腺摘除術)もしくは放射線療法で根治することが期待できる。
高齢者や、転移のある場合(PSA値が高かったり病理検査での異型度が高かったりといった、転移の証明はできないものの転移が起こっている虞れが大きい場合を含む)は、ホルモン療法が選択され、エストロゲン製剤、アンドロゲン拮抗剤、LH-RH拮抗剤などが投与される。場合によっては精巣摘出手術が併用される。前立腺癌の進行は比較的遅く、他の癌に比べると予後がよい。この癌は「前立腺肥大症」という病気と症状が酷似しているため、早期発見が難しいと言われていたが、近年ではPSA(前立腺特異抗原)検診の普及などにより、早期に発見される症例がほとんどとなり、以前のように骨転移などをきっかけに発見される症例は激減している。前立腺癌には男性ホルモン支配、高齢者が多い、発育が遅いという3つの特徴があります。
前立腺は男性ホルモンによって機能している臓器です。そこから発生した癌も多かれ少なかれ男性ホルモンに支配されているため、男性ホルモンを体内から排除するだけで治療が可能です。このホルモン療法という有効な武器があるため、癌の進行程度、年齢により、他の部位の癌より幅広い治療法の選択ができます。高齢者に偶然発見された早期癌は急いで治療せず経過をみることさえ可能な場合があります。
前立腺内限局癌(病期A,B)―早期癌です。
 70才以下の方。前立腺摘除手術がお勧めで完治できます。放射線治療が次善の策で、こちらも完治できる治療です。71才以上の方。放射線治療がお勧めです。どちらもいやという方や御高齢者はホルモン療法で病気を抑えます。局所進展癌(病期C)―前立腺から少しはみだした癌です。
 ホルモン療法+放射線療法や前立腺摘除手術+ホルモン療法がお勧めです。ホルモン療法だけでも癌を抑えておくことはできますが、時期をみて放射線治療に移るのが病気のぶり返し(再燃)を防ぐ良い方法です。転移のある癌(病期D)―骨、リンパ節への転移が主なものです。
 進行癌だからといってご心配にはおよびません。ホルモン療法というこの癌独特のよく効く方法があり、しかも一般の抗癌剤と違って強い副作用はありません。ホルモン療法は.男性ホルモンを血液中から排除する治療で、注射をする方法と精巣(睾丸)を切除する方法があります。他にも癌の進行程度によって様々なホルモン剤を用いて治療します。


前立腺がんの特徴

前立腺がんは、前立腺の腺細胞ががん化したもので前立腺肥大症とともに、中高年の男性において注意すべき前立腺の病気のひとつ。もともと前立腺がんは欧米に多く、アメリカでは患者数1位、死亡者数2位がこの前立腺がんであるが、近年日本でも食生活の欧米化(動物性脂肪を多く取る)にともない増えてきている。前立腺がんの発生には男性ホルモンが関与しており、加齢によるホルモンバランスの変化が影響しているものと考えられている。前立腺がんは主に外腺(辺縁領域)に発生し。ほかの臓器のがんとは異なり、ゆっくりと進行するため、早期に発見できれば、ほかのがんに比べて治りやすいがんであるといえる。しかし、初期には自覚症状がほとんどないため、発見が遅れることが多く、進行すると最終的には骨やほかの臓器にまで転移することがあるため、早期に発見し、適切な治療を行うことが重要だ。


前立腺がん(PSA)

PSAは天皇陛下の報道にも登場してすっかり有名になりました。この腫瘍マーカーは他の臓器の癌の診断には役立ちません。前立腺だけです。ただし癌だけが異常値を示す訳ではなく前立腺肥大症にも高値を示すことがあり、年齢とともに上昇する傾向があります。そこで前立腺肥大症と区別する必要があります。
 一般に正常値は4ng/mlとされ、10ng/mlまでの間をグレイゾーン(灰色の値)といいます。天皇陛下の報道では懸念される値と書いてあったようです(勿論数字は存じませんが)。この間ならおおむね20-30%の方が前立腺癌であるとされ、しかも発見されたとしても早期癌です。PSAの数値が高いほど癌の可能性が高く、100ng/mlを超えるようなこともあります。



すい臓がん  がん情報  産み分け研究室  膵臓癌  女性の健康 心筋梗塞  脳梗塞  産後
  芸能人  男女の産み分け  食道がん  肝細胞がん  前立腺がん  子宮がん  大腸がん  卵巣がん

Copyright (C) 2007 前立腺がんを学ぶサイト All Rights Reserved.